アウォード2016エントリー

活動名

大内田 佳介 さん(北九州市)[福岡県]

まちのナビゲーター増殖中!~シビックプライドがまちを変える~

活動概要

 私が設立し、代表理事を務めるNPO法人北九州タウンツーリズムは、「地域資源の活用と交流で北九州を元気なまちに」を合言葉に、名所・旧跡等をガイドするこれまでのガイドツアーとは違い、参加者や地域(地元)の方が交流する「体験型まち歩き」などを実施している。このような活動を全国各地へ発信するため、「第3回日本まちあるきフォーラムin北九州」を開催するなど、まちの魅力発信に様々な手法で取り組んでいる。

きっかけとあゆみ

私は、市役所より1年間東京の省庁へ派遣されたときに、今まで市内に住んでいて気づかなかった「本市のまちの魅力」(都心部に海や山が近接しており自然が身近に感じられる、海や山の幸が豊富である、適度な人口規模など)を感じ、このまちの魅力をもっと発信して多くの方にまちに訪れてもらいたい、また、市民の方が来訪者に「何もないまち」と言わずに「私のまちはこんなにいいところがあるんですよ」と誇りをもってもらいたいと思うようになった。
  その後、帰郷し、市の都心部の公共施設は午後5時を過ぎると閉館し、商店街は午後6時を過ぎるとシャッター街になり、昼間にぎわっていた通りが一気に静まりかえることに違和感を覚え、「夜のまちの楽しみ方を提案したい」と思い、公共施設の夜間開放イベントや夜の体験型まち歩きを行う「北九州ナイトツアー」を開始した。
  現在は、市内各地の市民団体や企業(旅行会社)などと連携して、地域の文化や歴史をテーマにしたまち歩きメニューを企画し、実施する「北九州まち歩き博覧会」やまち歩きのガイド養成講座(市民向け、学生向け)を実施するなど、市民の方々のシビックプライドの向上や集客交流に取り組んでいる。

アピールポイント

(1)成果・効果

 まち歩きにご協力いただいている商店街や市場の方々の「おもてなし」に対する意識の向上やシビックプライドの醸成につながっている。 また、当団体のガイド養成講座や「北九州まち歩き博覧会」に参加した団体が、自主的にツアーを開催し、地域のにぎわいづくりや住民のシビックプライドの醸成に取り組んでいる。 当団体がいち早く取り組んだ産業観光も、現在は、民間企業が主催する多くのツアー(工場夜景ツアーや工場見学ツアー等)が実施され、集客交流が進んでいる。

(2)チャレンジ性

 名所・旧跡等をガイドするツアーとは違い、参加者や地域(地元)の方が交流し、地元の食などを体験する、「体験型まち歩き」を実施している。 また、団体設立当初から、産業観光ツアーに市内でいち早く取組み、「北九州イノベーション+ナイトツアー」を実施した。 このような活動を全国各地へ発信するため、平成25年10月にまち歩きの全国大会「第3回日本まちあるきフォーラムin北九州」を開催(NPO法人主催での開催は全国初)するなど、まち歩きによるまちの魅力発信に様々な手法で取り組んでいる。

(3)協働性

 体験型まち歩きは、地元の商店街や市場の店主等にご協力いただき、参加者の方に対して、「まちの移り変わり」や「お店の歴史」を語っていただき、活動を支援していただいている。 また、「北九州まち歩き博覧会」では、市内各地の市民団体や企業(旅行会社)などと連携して、地域の文化や歴史をテーマにしたまち歩きメニューを企画し、実施した。

(4)持続性

 平成23年に団体設立以来、「北九州ナイトツアー」に加え、市外からの転入者を対象にした「ようこそ北九州ツアー」を開始し、その後、北九州市立大学や西南女学院大学との連携(ツアー企画・ガイド養成)や「北九州エコツアー」、「サイクルツアー」等を実施している。 今年度も「路地裏さんぽ」を新たに開始する等、新たなニーズへ対応し、持続的に活動を行っている。

投票する

※投票するためにはFacebookにログインしてください。